右肩上がり

右肩上がりへようこそ!専業農家のアラサーで二児の父による、気楽に気ままな日常ブログです!

ZOZOマットは、子供から大人まで測定できるのか?15歳以下は現在『準備中』だった

ZOZOマットが我が家に届きましたー!


見た目がコチラ!

zozoマットの写真
これがZOZOマットか!え?薄くない?


ちなみにこのZOZOマットさん、この折られた状態に透明な包装フィルムで覆われてポストに届く。

ウッカリしてると、どうでもいい郵便物と一緒に捨ててしまうかもしれない…!

注文されていた方は気をつけて下さい。



さて、開いてびっくり、なんかペッラペッラなカラフルな紙なのだ!笑

zozoマットをつまんだ写真
zozoマットをつまんでみる。


なんか「マット」っていうから、ラバーっぽいものを想像しちゃってたよ!


まぁまぁ気を取り直して。


私の妻、足が小さくて、靴選びが大変なんですよ。22cm前後なんですが、なかなかサイズ合うのがありません。

そこでZOZOマットで足を測って、ちょうどいい靴がわかればなぁって思ったのが、ZOZOマットを注文したきっかけでした。


※ZOZOマットは、ZOZOの公式ホームページから注文することができます。代金も送料も無料ですので、試してみたい方は注文してみてください。

ZOZO公式ホームページはコチラ
https://zozo.jp/sp/zozomat/





早速、ZOZOマットで妻の足を測ってみる!

ZOZOマットセット!

zozoマットの全貌写真
見よ!このカラフルさ!


足を置いてー、スキャン開始!

スキャン中の写真
足を置いたら、画面の指示に従ってスマホを動かしていく。2~3分で測定が終わる。


ZOZOマットでの妻の測定結果がコチラ!

出てきた測定結果はこんな感じ!

zozoマットの測定結果
足の長さから幅まで一目瞭然だ


すげぇな…!見た目で侮ってたよ!



見てたら私もやりたくなってしまった…というわけでやってみる!


触発された私も測定を試みる!

「1つのIDで5人まで測定できる」ようなので、私もレッツトライ。

足を測定中の写真
ただ今、測定中……。


自称28cm、小さい頃から足だけはデカかった。なお、すね毛はボーボーである。写真で見えづらいのは、角度の妙技である。ちなみに、すね毛は全く測定結果に関係しないので、ボーボーの人も安心してトライして頂きたい。


そんな私の結果はこちらである。

アラサーメンズの測定結果
こちらは私の測定結果。長さよりも幅が異なる。


なぜか、左右で微妙に足の大きさ(幅)が違う。
(妻は微妙に足の長さが異なっていたが。)


冷静に考えてみると、「利き足」もあるから左右の足で力のこめ方も違うし、成長度合いに差があって微妙にサイズが違っていても当たり前なのかな?とも思う。


店頭で靴を試着したとき、片足だけ試着して購入すると、後で両方履いたら「なんかしっくりこない……。」


あなたは、そんな経験はないだろうか?


それがきっと、この左右の足の大きさ違いが原因なのだ。


私の場合は長さよりも、幅が左右で異なっていることがわかった。これはZOZOマットで測定しないとわからなかった結果だ。「ペッラペッラの紙やんけ…」なんて思ってごめんなさいである。


さて、ここで、子供でも測定できるのだろうか?


5歳児がZOZOマットで測定してみる!

疑問に思ったら試してみようじゃないか。


何気に子供の靴って、いざ買いにいったのに試着を嫌がってしまって、足に合ってるのかよくわからないときがある…。だから測定ができたら靴選びに一役買うのは間違いない。


いざ、レッツトライ!

子供の測定写真
5歳児が測定にチャレンジ中……


二人がかりで測定中…!途中で足を動かすとエラーが出て測定ができない。黙っていられない子だと厳しい。


子供の測定結果の写真
大人に比べると足が小さいのが丸わかりだ


なんとか測定完了ッ!!
しかし、サイズは測定できるけど、15歳以下は現在準備中と表示されて、後述する「足型」や「相性のいい靴」は見られなかった。


ちなみに、2歳児でも測定ができるか試したのだけど、あと少しで完了するところで、マットと一緒に滑ってしまって測定ができなかった。その後は、本人の集中力が切れたのか動いてしまってダメだった。

マットが滑らない工夫と、子供の集中力次第では幼児でもできるかもしれない。



妻の結果から、足型や相性のいい靴をみてみる。

妻の結果に戻って、「あなたの足型」なんてのも表示される!

足型の写真
測定結果から、足型と相性のいい靴を教えてくれる。



妻の足に合っているであろう、表示された相性バツグンの靴がコチラ!

相性のいい靴の写真
足に合っているのはニューバランスのようだ…!



相性99%が2つ合ったんだけど、どちらもニューバランスだった!

めちゃくちゃニューバランス推しである…
お前の足は新感覚なんだよ!そう言われている気分だ。


だが、きっと今画面に前にいるあなた、
そして私も、共通の疑問を持っているはずだ。


このオススメされた靴達が「本当に足に合うのか?」と。


というわけで、試してみるのだ。


店頭で試着して足に合うのか試してみる

残念ながら、ZOZOマットでオススメされていた靴と全く同じ商品は店頭に存在しなかった。
だからメーカーとサイズだけを合わせて、試着をしてみる。二ューバランスの23cmをチョイスだ!

店頭で試着した写真
店頭で試着を試みる。果たして履き心地は…?



結果は「めちゃくちゃピッタリ」!



ただ、ZOZOマットには相性度が96%のコンバースも表示されていた。
こちらも試着を試みたが、妻曰く「サイズは合うけどなんか微妙」だそうな。


サイズが合う靴はわかるけど、履き心地がいいかまではわからないのが正直なところだ。



まとめとあとがき

ZOZOマットを試してみて左右の微妙な足サイズ違いがわかるので、靴選びの目安にはなる!
サイズが足に合っていても、履き心地を気に入るかは本人次第になってくる。
15歳以下の子供は、今は足のサイズの測定結果しか見ることができない。


ちなみに、女性用のパンプスだと、登録メーカーが少ないようであんまり出てこなかった。


現状だと、「メジャーなメーカーのスニーカーを探したい方向け」って感じの使用感になる。
(ニューバランス、オニツカタイガー、アディダス、アシックス、コンバースなど)


今後、登録されているメーカーやブランドが増えてきたら、ZOZOマットの価値は上がっていくのではないだろうか?


「あ、この靴相性ピッタリじゃん、デザインもサイコー!」
そうやって選ぶ時代は近いかもしれない。何より高い靴を買うときに届いてから失敗したなんてリスクが減るだろう。



おまけ
ZOZOマットなんだけど、使っていると折れ目から裂けてくる。(まぁ紙だからしかたないのだけど。)

裂けたzozoマットの写真
3人測定が終わったところで、折れ目から裂けが出てしまった。

裏面からセロハンテープで補強するなりしないと、アッという間に真っ二つになる可能性がある。使用の際にはお気をつけを!



それではまた今度!

ばいっちゃ!