右肩上がり

右肩上がりへようこそ!専業農家のアラサーで二児の父による、気楽に気ままな日常ブログです!

セックスレスの夫婦へ捧げる1つの提案「いいから黙って私を抱け!」

f:id:bousoukobito:20200317200305j:plain:w540

こんにちは。


本日のタイトル、聞き覚えのある方はいるだろうか?



実は、コチラの記事で「いいから黙って私を抱け!」と私が連呼しているフレーズです!

>>関連記事:【プレゼントは奥様自身】「飽きた」なんて言わせない!セックスレスを解消するクリスマスプレゼント!

それをそのままタイトルにもってきてみました。




「なぜ今頃そんな記事を持ち出すのか」

今日の本題はココにあります。

セックスレス夫婦にとって、「できない」というのは重要な問題


実はスマホでスマートニュースを眺めてたら、「お!?」っと目に飛び込んできた記事があります。



それがコチラ!
woman.excite.co.jp



サブタイトルをご覧下さい。「いいから黙ってだいてくれ!」


なんだろう、初めて見たのに、なぜかシンパシーが止まらないッ!!!笑



そのまま公開されてる話を全部読んでみた。


……我が家はちょっと状況が異なるけど、感情移入が半端ないっ!


性欲は、ときに食欲に勝るとも知らず

さて、我が家の場合は、私が「バリバリしたい人」だけど、妻が「別にしなくていい人」なんだ。


例えば、「今日はできそうなとき」ってあるよね。




子育て世代だったら、
「子供達が早く寝付いて、お互い起きてて時間がある」ってなると、チャンスが絞られてくる。


増して、次の日仕事で朝早かったりすると、休日前とかじゃないと余計に厳しい。


そんなときに、私は「この機会逃さぬものか」と勇気を振り絞って誘ってみるのだ。



「ねぇねぇ。しない?」

「いやだ。」



ーーーーーーーーーーーーー

おーっと、暴走小人に痛烈なボディブロォォォッ!!!


そのままダウーーン!!!カウントが始まっております!


果たして彼は起き上がることができるのでしょうか!?

1、2、3!!!カンカンカン、試合終了ーーーーっ!


ーーーーーーーーーーーーー



もうさ、気持ち的には盛り上がってるわけで、「あ、今日できるかも…」なんて期待してるじゃん?


それを真っ向から断られると本気で凹むんですよ!



もし、毎日のように誘ってるんだったら、正直断られても仕方ないと思う。



だけど、それが月に1回だったら?
タイミングが合わず、我慢した先の、3ヶ月に1回だったら?



めちゃくちゃショックですよね!マジで!



そんな限りあるチャンスを棒に振って、それでも我慢するんだ。

「次は大丈夫」と言い聞かせて。


ハンカチを噛む男性の写真
ギリギリ、歯ぎしりしながら次を待つ。


したくない人にしたい人の気持ちは伝わりづらい

今日こそは!そんな期待をして、また誘うんだ。


「ねぇねぇ、しな「いやだ。」


だけど現実は無常で、もはや言い終わる前に断られる。



月に一度訪れたであろうチャンスを待って、モンモンと耐えていたにも関わらずだ。




何度も断られて、痺れをきらした私は妻に問い詰めた。


「いつなったらできるだよ!」

「なんで私があんたの性欲、受け止めなきゃいけないの。」



その言葉を聞いたとき、なんか心に張ってた糸みたいなもんがビーンと切れた。



今したくない側の方が、この記事を読んでいるかはわからない。
でも、もし読んでいるのなら、あなたのパートーナーには言わないでほしい。


例え「したい」という気持ちが理解できなくても、絶対に言っちゃいけない。



夫婦だからこそ、「お互い」しかいないんだ。

「受け止め」れなくても、「寄り添う」努力は必要なんだよ。



「私はあんたに寄り添うつもりない」って言ってるのと同義で。言われた側はどう思うと思う?


例えそんな意図してなくても、
「不倫すればいいって、いってるの?」ってなる。


私の当時の気持ちは、
「ふざけんなよ!夫婦だからだろうが!」って、それ以上言葉にもならなかったし、妻も何も返事はしなかった。


不満を貯めても、したい側が結局つらいだけになる

ところがさ、そこでコミュニケーションを諦めたら不満が貯まるだけになる。

「したいな」って思った方に、不満が貯まっていくんだ。



「したい」って気持ちが伝わらないし、相手がその気持ちを理解できないなら、伝え方を変えなきゃいけない。



だから、自分に問いかけた。「どうなりたいんだ?」って。


もちろん誘ったら毎回できたらそれは満足だろうし、うれしいだろう。


でも、したくないときがあるのはわかるし、お互いの性欲に差がある時点で、断られるのはある程度仕方がないんだ。


そんなときに「いつだったらできるんだ?」この応えがないのが、1番つらい。


無限になんて我慢できるはずがない。
断られて傷つかないはずがない。

でも「いつだったらいいよ」ってその一言がほしいんだ。



そう気づいて、シンプルに妻に聞いてみた。


「断るのもいいけど、じゃあいつだったらいいの?ずっとなんて我慢できないよ。」

「じゃあ、次こんなときにね。」


そうやって折り合いをつけて、そこから断られるってことがグッと減っていったんだ。


もしかしたら先の言い合いで妻の心中にも何か変化があったのかもしれないけれど、そこまではわからない。

寄り添うひよこの写真
夫婦だから寄り添いたい。


意外とセックスレス解消は、自分の気持ちの伝え方次第かもしれない

私のこのやり方が、「万人に当てはまるか」と言えばそうではないし、夫婦の折り合いの付け方って、夫婦それぞれだと思う。

あなたが、悩んでパートーナーに「いつならいいの?」って聞いてみても、未来のことだから約束できないし、鬱陶しがる相手だっていると思う。


でも、そこでコミュニケーションを諦めたら伝わるものも伝わらなくなってしまう。


ただ「したい」って気持ちだけじゃなく、どんな不満があるのか気持ちを整理して、シンプルに打ち明けてみる。

それが夫婦の寄り添いに繋がるんじゃないかな?



「いいから黙って私を抱け!」そんな気持ちを持つ方へ、今日の記事が少しでも参考になればと思う。



それではまた今度!

ぐっどらっく!