右肩上がり

右肩上がりへようこそ!専業農家のアラサーで二児の父による、気楽に気ままな日常ブログです!

妻とのセックスレスを解消する方法!鍵は【妻の自由な時間をつくる】こと!

f:id:bousoukobito:20200116111713j:plain


さて、本日は「妻とのセックスレスを解消する方法」を書いていく!




妻側旦那を誘惑する場合は、
基本的には、自身の肉体が持つ魅力をアピールすればいい!( ・ㅂ・)b グッ



具体的な手法が思いつかない奥様は、こちらを確認してほしい!

>>関連記事:『効果バッチリ!?【厳選】旦那を誘惑する5つのシチュエーション!』

>>関連記事:『【プレゼントは奥様自身】「飽きた」なんて言わせない!セックスレスを解消するクリスマスプレゼント!』




ところが、主題である旦那を誘惑する場合は、その方法では上手くいかないのだ。




特に「結婚・子育て世代」となったとき、そのことを知らないと、すれ違いばかりが増えて、回数が増えるどころか、確実に減る!!





残念ながら、そのままではレスへ直行コースだ!





日頃ムラムラな旦那諸君よ、そのことを意識して、本日の記事へ目を通して頂きたい!



目指せ夫婦円満😊ラブラブファイヤー(ง🔥Д🔥)ง!!!

妻を誘惑するのは、準備に9割・押しに1割

まずは心得からだ!


妻を誘惑する場合、準備に9割の時間がかかる。

押しは1割でいい。




そもそも、妻の『 自由な時間をつくる 』ことが1番重要なのだ!



余裕がないと、旦那の相手しようだなんて思わないからだ!




なぜって、旦那の優先度は最下位だからねっ!

>>関連記事:『 子供が産まれたらどう変わる?あなたの妻の愛情度 』




勘違いしがちなパターンとして、
「抱きたいときだけ家事・育児をする」


こいつぁ、ダメだ、簡単に見抜かれるぞ!




結局「自分のことしか考えていない」と思われて、例え、抱けたとしても1回こっきりのものになってしまう。


・自然と家事をこなして、妻がゆっくりできる時間を確保してあげる。

・子供を早めに寝かしつけて、夫婦二人だけで話す時間をつくる。



そんな、男の包容力を身につけるんだ!


男の包容力を身につけると起こる変化


妻が自由な時間ができて、夫婦二人で話す時間ができてくると、

仕事の愚痴だったり、家事や育児への相談だったり、色々出てくる。





それを丸々っと受け止めて、
「大変だよね、頑張ってるよ。ありがとう」



妻の苦労・努力、そして、隣に妻がいてくれることに感謝するんだ。




もちろん具体的な解決策や対策をしてほしいときもあるけれど、単純な「共感」がほしいものだ。
(可能であれば、後回しにしても一緒に解決や対策をとってほしい、夫婦円満のためには)



だってそうだろ?





妻のパートーナ―はあなただけ。

夫の共感なくして、妻の心の拠り所などないのだ。






はい、ここまでで若干いい雰囲気になりかけてきましたね、これが準備9割です。

もはや抱ける準備完了してますね。




残り1割の押しいってみよう!


ラストスパート、押し1割!


妻と寝そべりながら、会話をした後……




旦那の手は自然と動く




妻の頬に伸びる手

そっとその顔に優しく触れる



いつも見ている顔

間近で見るともっとキレイだろ?





今、否定したヤツは、抱けない族に片足突っ込んでるぞ!

キレイなんだよ!!!




さて、なぜ顔に触れるのか?

それは安心感があるから、俗っぽく言えば「愛してる」が伝わるからだ!





ここで胸とかいきなり揉んでみろ?







「ヤりたいだけかよ!?」

っと雰囲気ぶち壊しだ!功を急ぐな、果報は寝て待て!




本当に寝るなよ?笑






さてここまできたら、後はわかるな?

優しくキスでもしてみせろ!





さぁ、愛情いっぱい、チオビタドリンク!!笑
(語呂合わせで特に意味はありません。)





ただ、ここまでしても、断わられる場合もある。

妻がどうしても断りたいときもある。


男性は四六時中発情期になれるが、女性には性欲に波がある。


いわゆる「月経」による。


月経前に女性は欲求が高まる、そこを意識することでレス解消は近づく。




ただし、月経直後とかだと
「物理的に嫌だ、触られたくない」
「どうしてもそんな気になれない」
ってのもあるから、そこは素直に日を改めよう!




名残惜しいなら、「今度襲ってやるんだからーッ!」と捨てセリフを吐いてもいい。笑





「あ、次襲う気あるんだ」と妻側にも伝わるし、
そういうのが全くないと「私に魅力ないからだ」と不安になる奥様もいる。





そもそも「断る」というのも嫌なもんだから、後腐れしないように努めるのも旦那の甲斐性さ!





そこら辺も引っ括めて、男の余裕・包容力、大切に!


おさらいとまとめ!


さて、如何だったろうか?


男性と女性では、レス解消をするために意識することは、大分異なってくる印象だ。


《 旦那側が妻を抱くために意識したいこと 》

・日頃から家事や育児をして、妻の自由な時間を確保する

・妻との会話や接する時間が増えて、抱けるチャンスが巡る。

・月経で欲求に周期があることを理解して、チャンスを活かす。

・断られても、後腐れしないように次に繋げる!


ここら辺がポイントとなる!



っと最後になるが、

「そこまでしないと、嫁を抱けないなら風俗いくわ」

という思考に至った方。




それもアリだが、そればっかりを繰り返すと、
行き着く先は「離婚」となってしまう。




妻側だって、少なからず「抱かれたい」欲求はあるからだ。





全く自分のことを顧みてくれない旦那に対し、
感情が行き着く先はわかるだろ?



「いない方がいい」になる。




自身の欲求不満もあるかとは思うが、せっかくの夫婦揃っての結婚生活!

継続する上で、欲求とパートーナーとの向き合い方を考えたいものですね。



それでは、また今度!

ばいっちゃ!