右肩上がり

右肩上がりへようこそ!専業農家のアラサーで二児の父による、気楽に気ままな日常ブログです!

【仲良し夫婦】最強の夫婦を目指す方法!家宝を守れ。

f:id:bousoukobito:20200418064050j:plain

ご無沙汰しておりますッ!

暴走小人です。



はい、自称アラサーイケメンイクメン素敵なおじさんです(はーと

ハハハハ!言うだけなら自由なのであ~る!



例え世間が否定しようと、そう、言うだけなら自由である。

大事なことなので2回言っといたよ!



さて、巷では「コロナ離婚」とやらが流行ってるそうな。

いつのまにかウィルスは夫婦の仲までも悪化させるのか!
お、恐ろしや~!



人様の家庭事情まで首を突っ込む気は全くございませんが、せっかく出会って「夫婦」になれたのなら……

そのまま寄り添って幸せになれるのがベストですよね?



ということで、ラブラブファイヤー!!!



目指せっ!最強の仲良し夫婦!寝ても醒めてもあなたが好き!

名前やアダ名で呼び合う

夫婦の年月が長くなってくると、「おーい」とか「あのさぁ」で話しかけたりするものですね。


だが、そいつぁ味気ない!

僕らは物じゃないんだ、恋人であり、夫婦なんだ。



さぁ、ちょっと想像してみるんだ。


「おーい」って呼ばれるのと、「マイスウィート旦那♡」って呼ばれるのがどっちがいい?



断然後者セレクトしてやる!



今、同じ選択した人!

後で外で大声で叫んで呼んでやるからな、覚悟しとけ!


お顔真っ赤なってるのニヤニヤして見てやるからな!



ワシ?

ワシは嫁ちゃんのこと「はにこ」って呼んだりする。



ハニーと、地方なまりで言葉の後ろに「っこ」ってつけたりするから「ハニーっこ」から「はにこ」である。



ちなみにこの呼び方、LINEでしか応答してくれない(爆)

普通に名前呼びがベストォォ!


次ぃ!

f:id:bousoukobito:20200418121703j:plain

好きでたまらないと告げてみる


素直な気持ちを伝え合うことも重要だ。

なぜって、徐々になぜか偏屈になっていく。


「あれをやってくれないならもういいや」とか、いつのまにか自分の中に相手の行動評価みたいなのができて、それを上回ってこないと心が動かなくなる。


本来は「好き」って気持ちに相手の行動って、関係ないのにね。


「家事しないと好きじゃない」とかさ。



でもそれって「相手を好き」なんじゃなくて、自分のために「家事をしてくれる人が好き」なんであって本質的にはもうズレてるんだ。



わたしゃ思うのですよ。


愛とか同情とか、そんなのは脇にどけとけ!



シンプルに考えたいのは「一緒にいたいか?」どうかだ。



やっぱり一緒にいたいなぁ…

もしそう思えたなら、なんか込み上げる気持ちが沸いてくる。


一緒にいたら幸せだなーって思えたら、それが忘れていた「好き」って気持ちさ。



もしかしたら出会った直後のドキドキとは違うかもしれない。それは「好き」の状態も年月と共に変わるからね!



さぁ告げてみよう!


嫁ちゃん!好きでたまらないっす!



ん?今話したら、なんか嫁ちゃんに指でピッって敬礼されたわ。


いつから私の嫁は軍人スタイルが定着したのだろうか。


あぁ嫁が日焼けして迷彩柄の服を着ている気がする…。

ガチムキか!?


実際はぷにぷに。

やべっ!怒られるぅぅぅ!



無視して次!


全力でふざける

なぜ旦那がふざけるのか?


この答えを考えたことがあるだろうか。




簡単である。


あなたの笑顔が見たいからァァァァァッ!



というわけで試してみたいふざけ方、私のオススメをチョイスしとく。


「あぁ!お尻から手が離れないよぉ!」


Hey!Siri!

SiriはSiriでもお尻である。


今から大切なことを言う。

テストに出るから、メモを取るように!




【 嫁の尻は家宝。これすなわち嫁は宝である。】




頭隠して尻隠さず。

お尻が大きくなって例え隠れなくなっても、僕らは常に受け止めるんだ。



一度でも触ってしまえばこちらのもの!

間髪入れずに「もうお尻から手が離れないよ!」



やめんか!


そう言われて離したとき尻に残る、僕の体温。



も。もう1回触ってもいいよ?



言われてぇぇぇぇ!

現実は「触んな、うっとうしい!」




その蔑む視線がご褒美ですぅぅぅ!



いいな?こうやって家宝を楽しめ。

家宝がなんだったかは覚えているな?今テストよ!



健闘を祈る!



なお、当記事の内容は全く保証しませんので、用法用量を守ってお試し下さい。



っとまだ書くつもりだったが、時間だ。

また会おう、同志達よ。



それではsee you!