右肩上がり

右肩上がりへようこそ!専業農家のアラサーで二児の父による、気楽に気ままな日常ブログです!

【新年の抱負】3つのことに気を付けて抱負を立てることで、幸せになれる!

おはようございまーすっ!!!



新年明けちゃってますね、おめでとうございます✨

今年もよろしくお願い致します(^^)/





もうね、何度かブログ書こうとしてたんですが、

タイミング逃しまくりで今になってしまいました!





だが、あえて言おう!
私は好きな時に、好きな事を、好きなように書くスタイルだ!←






挨拶はほどほどにして、本題にいきましょう!

もう新年の抱負って考えましたかね?





「そんなもん大したことないでしょ?」なんて思った方!



人間とは不思議な生き物で、抱負や目標を設定すると達成したいという意欲が湧くものですぞ!




そこらへんをちょこっと心理学を交えながらいってみましょう!!!



目指せ、新年を幸せに!成長できる年にしよう!!!


f:id:bousoukobito:20200109120948j:plain

抱負(目標)は、欲望を忘れて欲求ベースにする。

欲望とは何か?


欲望。

それは心をかき乱し、

「あれもこれもほすぃ!!!」

「モアプリーズ!!!」の心境でございます。







除夜の鐘で払うのは、煩悩ですよね?

この煩悩は、言わば「108ある欲望」と言われています。




抱負をたてる上で意識したいのは、「欲望」を一旦忘れて、「欲求」ベースで考えることです。





「欲望」と「欲求」は言葉としては似ていますが、意味合いが異なります。




フランスの精神分析学者ジャック・ラカンさんは、このよく似た概念を、
欲望(desire)、要求(demand)、欲求(need)を3つに区切りました。


「欲求」は自己の中で完結した生理的・心理的な欲

「要求」は他社に向けられる欲

「欲望」は他者が欲しているものを欲する欲


これら3つに区切ったのです。





この中でも「欲望」は、尽きることがないという性質があります。

手に入れた、手が届いた、そう思った瞬間から次を、更に上を望むんです。





なぜなら、欲望は他人から与えられた尺度を基準としているからです。






どういうことかと言いますと、例えば、「今車がほしい」と思ったとします。





あの車がほしいなー!と最初に思っても、

いざディーラーに行ったら目移りしてしまったり、

他の人が最新車種を乗っていたら、そっちが欲しくなったり……





「ほしい」と思ったらドンドン自分の中で、その価値・基準が変わっていきますよね?





何か他のものと比較して、初めて結論づけられる判断になってしまうので、他人から与えられた尺度なんです。





だから尽きることがなくなってしまって、無限ループのように欲することになります。


そう、欲望を抱負にしてしまうと、結局満たされないことになってしまって、「幸せ」からは離れるんです!






そんなときこそ、除夜の鐘!



ゴーン、ゴーン、ゴーン(以下省略←



今108回鳴らしたんで、
欲望さん、ストップお願いしまーす!!




はい、欲望さんが一時停止しているところで、欲求にいきましょう。

欲求とは何か?


少し戻りまして、精神分析学者ジャック・ラカンさんは、

「欲求」は【自己の中で完結した生理的・心理的な欲】としていましたね。





言葉の意味合いだけなら、「心や体の均衡が崩れたときに元に戻そうとする感覚」が欲求です。






ところがどっこい、アメリカの心理学者マズローさんは、欲求を5段階としました。

f:id:bousoukobito:20200109095902j:plain


それぞれの欲求を段階毎に少し解説します。


①生理的欲求は、食べる・寝る・排泄するなど、生きる上で最低限の基本となる欲求

②安全・安定の欲求は、健康の維持・経済的な安定など、心身の安定を求める欲求

③所属と愛情の欲求は、社会に必要とされたい・孤独から逃れたいという欲求

④承認の欲求は、自分が価値ある存在だと認められ、尊重されたいという欲求

⑤自己実現の欲求は、自分の持つ可能性や才能を活かして、自分がなりたいものになるという欲求


このようになってます!







少し例を出してみましょう!


お腹すいたー! (①生理的欲求)

⇒食べて満腹だけど、もっとお金ほしいな! (②安全・安定の欲求)

⇒会社でバリバリ働いてお金稼ぐぜ!でも人生のパートーナーほしいな! (③所属と愛情の欲求)

⇒結婚して子供できた!ちゃんとした親にならないと… (④承認の欲求)

⇒ちょっと自分極めるわ! (⑤自己実現の欲求)


って感じのイメージですね!

段階を踏んで、より上位の欲求を求めるようになります。





ところが、最上位にあたる「自己実現の欲求」!



これが優先されれば、下位にあたる欲求がなくなるわけではないけれど、

気にならなくなるという性質があります!





そう、欲求不満さえも楽しめるんだぜっ!!!





だから、「自己実現の欲求」に当て込んで、抱負や目標を立てるのがgoodなんです!!


「自己実現の欲求」をイメージして抱負を立ててみる!


では、ここで考えてみましょう!



例えば、今恋人がほしくてほしくてたまらないとします。

じゃあ、今年の抱負は「恋人をつくる」にしよう!



だと、NGです。笑


めっちゃ欲求不満バリバリになりますので、やめておきましょう。笑





この場合、「恋人をつくる」ために「自分をどうするか」を考えてみて下さい。




今、お腹のお肉が気になってるなら、

抱負が「痩せてグラマラスな私になる」だとすれば、目標は「体重を45kgまで痩せる!」






このようになりたい自分を具体的にイメージして、抱負と目標にするのがミソです!




実は、これで痩せて、仮に恋人ができなくても、自己実現の欲求が満たされるので、

「努力してるから大丈夫、恋人なんてそのうちできる!」

前向きに捉えることができるようになります!




さて、ここまで来たらもう一息です!

自分なら達成できそうな抱負・目標を意識する!


はい、もう一つ意識してほしいのは、自分なら努力して達成できそうな抱負・目標にすることです!



これはなぜなのかと言いますと、大きな理由が二つあります。


①自己効力感を持つため

②自尊感情を得るため



①の自己効力感は、自分ならできる!やってやれる!という感覚・感情です。

これが低いと、やる前から「自分には無理だ」と決めつけてしまって、そもそもやる気になれません。

逆に高ければ、前向きに物事に取り組んでいけるんです。


実現不可能な抱負や、目標を立ててしまうと、この自己効力感が低くなりますので、

やる前から挫折します!


だから「自分が努力すれば達成できる範囲で考える」っていうのは重要なんです!




②の自尊感情は、自分自身を肯定的に感じる感情のことです。


そもそもですが、自尊感情が低いと、「幸せ」だと感じづらいんです。

何をしても自分に自信がない、私はダメなんだっと思ってしまうからです。



自尊感情が高ければ、自分で自分に価値を見出して、自信をもつことができます!







そして、これら二つの感情を高めるためには、「達成体験」が有効です!


つまるところは小さな目標だろうが、【自分でこなしてできたという体験】です!




だから、自分で努力すれば達成できそうな抱負・目標にするっていうのは大切なんです。



まとめ

それでは、まとめに入ります!


新年の抱負をたてる上で、幸せになるために重要なことは次の3つです!


・欲望を忘れて、欲求で考える

・自己実現の欲求(なりたい自分)を意識して考える。

・努力すれば達成できる抱負・目標にする。



これを意識して、達成していくことで、自分の成長を実感することができますし、小さな成功が大きな自信につながっていきます。





例え、今までと何ら変わらない生活だったとしても、「抱負や目標を自分なりにもって、それを達成していく」っていうのは、

自己効力感と自尊感情が高まって、今を「幸せ」と感じることができます!





はてなブログ、今週のお題「2020年の抱負」ですので、まだ抱負や目標を考えていない人は、どうでしょうか?





幸せになるかどうかも自分次第、これからを幸せと思えるかも自分次第ですよ!



ぜひ試してくださいな!




それでは、また今度!

ばいっちゃ!