ほそぼそ日常ブログ

ほそブロへようこそ!専業農家のアラサーで二児の父による、気楽に気ままな日常ブログです!

【ローンは借金】でも家づくりと思い出は、夫婦のよりどころ。

こんばんは!

ご無沙汰しておりました!暴走小人でございますっ!




さて、それでは早速!本日のブログへ入りましょう!!



パートナーと結婚することになったとき、「家」ってどうされましたか?




おそらく、家を建てたいなぁっと誰もが一度は考えたかと思います。



夫婦二人で水入らず過ごしたい、子供との将来を考えると一軒家に住みたい…

家を建てるときのきっかけは人それぞれですね!





しかし、そんな私たちの前に共通して立ちはだかるのは、「お金」という壁でございます。




そう、家を建てようとすると「ローンという借金」を背負うのです。
地獄の沙汰も金次第という言葉もある、お金事情。





本日は、「私が家を建てたとき」そんな当時へ立ち返り、記事にしたためたいと思います。

f:id:bousoukobito:20191018231402j:plain



嫁ちゃんとの結婚を決めたとき、二人はアパート住まいでした。


私が嫁ちゃんと結婚しようと思い立った時、まず初めにしたのは、

婚約指輪の購入です←




そっからかい!!




という感じですが、二人のこれからをきちんと迎えるには必要なことですよね、プロポーズ。
「あのとき、こんなプロポーズしてくれたよね」って何年経っても忘れないものですので、プロボーズなんてしなくていいっしょ!なんてメンズは心を入れ替えて向かってください!笑



めでたく、さぁ結婚しよう!となったとき、私の頭をよぎったのは、

「え、この壁のうっすいアパートで子供も育てるの?」でした。





私たちが住んでいたのは、2Kで家賃3万くらいのアパートです。

古くてボロくて狭いのです。笑




隣の部屋でトイレットペーパーをガラガラすると、その音がめっちゃ聞こえてました。

テレビの音も耳をすませば聞こえてくるので、「あ、今同じの観てるな~」ってわかりました。




真夜中に隣のオバちゃんの笑い声が響き渡った時には、そっと心の中で「ゲラゲラおばさん」なんてあだ名をつけました←





アパート住まいは、元々、ずっと実家暮らしだった私が彼女に振られた勢いで、一人で何でもできるようになるために行った修行みたいなものでしたので、広い必要も高い必要もありません。




が、そこは「夫婦」が二人でくつろいで暮らすのには、不向きでした。




将来を考えると、赤ちゃんの泣き声も響き渡ってしまうので、ここじゃダメだなぁっと思ったのです。


両家の顔合わせが終わったぐらいで、私は家を建てるプロジェクトを始動するのです。



プロジェクト〇ックス!!!住みよい家に暮らしたい!


男達は言った…

せめて気兼ねなく、「赤ちゃんを泣かせ、笑わせ、感情のままに過ごせる環境」にありたいと…




某プロジェクトXのオマージュはここまでにしておきます!




そんな感じで、結婚を決めるのと同時に家を建てるのに向かうのですが、
ここで一つ、問題が生じます。


「結婚指輪」「結婚式」「新婚旅行」はどうするのか?


実は、結婚した直後は、お金のかかるイベントが雪崩のごとく襲いかかるのです!


エイヤッ!トリャッ!!っとお財布事情ともむくちゃしながら、本当に必要なことを取捨選択しなければなりません。





私は結婚指輪はほしかったのです、婚約指輪も買ってますが、自分もなんかほしかったのです!笑




結婚式と新婚旅行であれば、切り詰めるのは…

「結婚式」である。




私は家も建てるのだから、結婚式の資金分は、ローンの頭金にしよう!そう思っていました。




でもさ、一生に一度の結婚なわけじゃん?

そうじゃない場合もあるけどさ、記念にしたいじゃん?




だからせめて、式場で嫁ちゃんにドレス着てもらってさ、写真だけ撮りたいなぁって思ったのですよ、私。



二人で「写真だけ撮りたい」っといって式場に電話しました。

お話を伺うので、いついつ来てくださいと予約になりました。



ちょっとドキドキしながら二人で向かいました。



対応してくれたお姉さまはこう言います。

「せっかくなので、教会も見ていきますか?」



どれどれと勇みよく、教会へ出陣します。




出迎えてくれたのは、大きなステンドグラス。

時刻はお昼でした。




登り切った太陽の光を浴びて、ステンドグラスは淀みなく光り輝きます。

まるで光に祝福されているかのように。




思わずキレイだなぁっと思いました。


f:id:bousoukobito:20191018225015j:plain





そこで対応してくれたお姉さまがこう言いました。


「私は、父に式を見せたかった。でも、叶わなくて、その前に亡くなってしまった。」






ふと、隣にいる嫁ちゃんを見やります。






うん、嫁ちゃん感情移入し過ぎて号泣してる……笑









なんかさ、その顔を見てたら、結婚式やるかぁって思っちゃったんですよ。


お金がないなぁーって悩んでる自分が小さく思えまして。








実際、お金ないなら働けばいいんですし、やりくり考えればいいんです。

後で、式挙げたかったなんて思っても、そのときやらなければなかなかできるものじゃないですからね。








今思えば、嫁ちゃんの両親からすれば、最初は「式やりません~!」なんて言ってましたから、

内心は、やってほしかっただろうな~って思います。











私、父親になってから思いましたが、やっぱり娘には式挙げてほしいのですよ。笑



娘の晴れ姿を見たいってのもありますが、結婚という人生の大きな節目を、
「この人と共に生きます」って見せてほしいんですよね。






なんかそれを見て改めて子離れするんだろうなって思います。まぁまだ5歳ですけど。親バカか!笑






当時はそこまで考えずに、嫁ちゃんの顔を見てたら式をしたくなったので、そのまま日取り予約しました。






そう、例えお金がかかるとわかっていても、男には進むべき道があるというもの……

だがしかし!私は家を建てることを諦めない!


家を建てるための住宅ローンは、頭金なしで!


これから結婚式、そしてその後には、二人の新婚旅行が待っている……

どうしても手元にお金が必要である!







だから、私は頭をハゲ散らかすくらいに悩み悩んで、住宅ローンは「頭金」なしにしました!
(ハゲに頭金を掛けてあることは誰もきづくまい、しめしめ←)





住宅ローンって頭金なしで、組んじゃダメとかよく言うじゃないですか?






実際、組んだ私としては、
「毎月余裕を持って払っていける額なら、特に問題はないかなぁ」って感じです!





むしろ、毎月の支払額が問題ないなら、頭金分を自由に使えるお金として、寄せておいてよかったくらいです。
(利子分で総支払い額は増えますが……笑)






こうして、私は人生の一大イベントである結婚式と新婚旅行を、無事手持ちのお金で乗り切ることに成功するのです!


……ぶっちゃけ、新婚旅行終わったら私の貯金は0円でしたけどね!笑







ただ、結婚すると決めたときに、お互いの貯金残高とか、お金の管理とかは自然と嫁ちゃんと話し合っていました。
(このときから、私、家計簿を書きながらお互いのお金を管理してます。それはまた別の記事で紹介したいと思います。)

だから、このままイベントの経費を私の貯金から払うと、0円になるのは、お互いわかっていたんです。







なるべくなら、結婚を決めたなら、早めにお互いの金銭感覚とか、今現在のお金事情(借金ないかとか)を把握した方がいいです。

あとあと絶対もめますから!






そんな感じで時は過ぎまして、嫁ちゃんの出産とほぼ同時に家が完成しました。






小さいながらも、自分達のこだわりを詰め込みまくりました。笑

追々、家づくりも記事にしていきたいのですが、今回は家の中で、私の好きな写真を一枚載せておきます。



f:id:bousoukobito:20191020211736j:plain


今の時期では、季節外れの桜ではありますが、その桜の花言葉は「精神美」です。
(純潔や優美な女性という意味もあるそうです)





散ってゆく儚さにこそ、美しさを抱いて。

願わくば、終わりなき夫婦の生活を。






はい、それでは、本日の締め、小人の一言いかせて頂きますっ!!

なんでだろう……君の瞳に恋してるゾ☆




ここまでの記事の雰囲気が台無しぃッ!!!

今日もお後がよろしいぞっ!へば、まんっつ!!(それでは、また今度の意味です。笑)





まだ眠くない方は、ついでにこちらも読んで下さいなー!
www.bousoukobito.com

www.bousoukobito.com


🐣twitterフォロワーさん、はてなブログ読者いつでも募集中ッ🐣